スタッフブログ

2012年9月25日 火曜日

親知らずってなぜ抜くの?その1


「早く抜いたほうがいいですよ」と言われていても、
自覚症状がなかったり、症状があっても一時的だったりして
「本当に抜かないといけないのかなぁ」とつい疑問だらけになりがちなのが、
親知らずの抜歯です

歯を抜くとなると、どうしても身構えてしまいますよね。
私自身もいざ、自分がと考えると躊躇してしまいます


でも、「怖いし、痛いし、忙しいし...」とつい先延ばしにしていると
大事な隣の歯まで失ってしまうこともあるんです



shineこうなる前に抜きましょうshine
代表的なトラブルを3ケースご紹介したいと思います。


その1 隣の歯がむし歯に



細菌や食べかすが親知らずの下に入り込むと、取り除くのが
むずかしく、不潔になりやすいためにむし歯ができてしまいます。


しかも、このむし歯は歯ぐきの下にでき、外から見えにくく、
気づいた時には大きく広がっていることもあります。


治療方法


親知らずを抜いてからむし歯の治療をすることになり、
歯ぐきの下にできたむし歯の治療は大がかりになりがちです。


というのも、歯ぐきの下はつねに唾液で湿っていて、治療時に
歯ぐきを切るので出血をともないます。

すると、水分や血液が邪魔をして、接着剤を使って外側からつめることが
困難になってしまうからです。


むし歯があまりに広範囲な場合は、最悪の場合抜歯が必要なことも
あります。


親知らずが原因で、一生使っていきたい大切な奥歯を失ってしまうのは
もったいないですね。


その2・3はまた後日アップしていきますpen


投稿者 杉田デンタルクリニック

  • 医院紹介(スタッフ紹介)
  • 診療時間・アクセス
  • 料金表
  • よくある質問
  • 患者様の体験談
  • 症例(インプラント・矯正)
アクセス

杉田審美歯科専門NAVI

大きな地図で見る
■住所
〒666-0261
兵庫県川辺郡猪名川町松尾台1-2-2(日生中央駅改札前)

お問い合わせ 詳しくはこちら