ホーム > インプラント

インプラント

インプラントとは

虫歯や歯周病、外傷で歯を失った場合や先天的に歯がないなど、歯がなくてお困りの方に1番自分の歯に近く再現できる方法です。インプラントは、歯のない部分の顎骨に人工の歯根を埋め込み、これを支えに人工の歯冠を取りつけて再建し機能させる治療法です。
 歯を埋めることは痛い、怖い・・・など不安もあることと思います。
当クリニックでは、そんな不安をできるだけ解消していただけるように、トリートメントコーディネーターにより患者様のご希望やお悩みをお聞きし、インプラント治療やその他の治療法についてじっくり説明をさせていただいています。
 正しい知識と治療で、第二の永久歯=インプラント治療を安心してお受け頂けます。

●自分の歯のように咬める。
●ブリッジのように歯を削らなくて良い。
●入れ歯のように金属の引っかけが見えることはありません。
●違和感がなくまるで自分の歯のように自然。
●取り外さなくてもよい。

インプラントの治療について

 インプラントはチタンでできています。チタンは地球上で最も生体親和性の高い金属と言われており、金属アレルギーのかたでも特殊な場合を除き、使用していただけます。耐蝕、耐摩耗、軽量、高い硬度の金属です。チタンは骨と結合する特性があります。チタンの結晶構造は骨や歯を構成しているヒドロキシアパタイトの結晶構造と類似。そのためか、細胞がチタンを異物とせず、積極的に取り込んでガッチリ結合すると考えられています。
骨としっかり結合すればインプラントはとても丈夫です。
ですが、歯ぎしりやくいしばりなどの癖による必要以上に強い力がかかると、もろに影響をうけてしまいます。少しでも力によるダメージを軽減させるために、マウスピースをご使用いただく場合があります。
 当クリニックでは、ノーベルバイオケア社のインプラントシステムを使用しています。世界で№1のシェアを持つトップブランドです。長い歴史を持ち、業界でも信頼性が高く安心のシステムです。

「インプラントは一生もちますか?」と、よく患者様からご質問を受けます。
「毎日のきちんとしたケアと定期メインテナンスを受けてちゃんと管理をしていれば、数十年は持つというデータも数多く出ています。」つまり、長期にわたって快適に咬めるように維持をするためには、患者さまの日ごろの努力にかかっています。あまり知られていないようですが、インプラントも歯周病と同じようにインプラント周囲炎になります。インプラントを支える歯肉が炎症し、インプラントと結合している骨が損なわれてしまう病気です。ですから、定期メインテナンスでお口のチェックとプロのケアを受けていただき、いつでもお口を清潔に保つことが大切なのです。インプラント手術が終わったら終了というわけではないのです。いつまでもしっかり機能するインプラントとお口の健康を私たちも精一杯サポートさせていただきます。
ご一緒に頑張りましょう。

治療法の比較

インプラント 入れ歯 ブリッジ
治療法
審美性
噛む力
口内衛生 優れる(手入れ要) 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
耐久性 優れる(手入れ要) 合わなくなることが多い 両隣の歯に負担
健康な歯を削る なし なし 両隣の歯を削る
違和感 なし 有り 少ない
顎骨がやせる なし やせる やせる事がある
手術 有り(抜歯程度) なし なし
診療形態 自由診療となります 見栄えの良いものは、自由診療となります 見栄えの良いものは、自由診療となります
治療期間 通常6~24週間程度 2週間-2ヶ月 2-3週間

一本歯を失った場合

しっかり咬めて、まわりの歯に影響がない1番理想の治療法はインプラントです。
歯を失った部分に1本だけ埋入し咬めるように再建します。ブリッジのように両サイドの歯を削らずに済み余計なダメージを与えないのがメリットです。また、噛む際に歯肉に程良い刺激が加わることで、顎の骨がやせずにすみます。

奥歯を含めて複数歯を失った場合

数本の歯を失った場合や歯のない部分が広い場合、部分入れ歯を用いるのが普通でした。しかし取り外し式の入れ歯は、歯のない歯肉で支えなければならず、負担がありました。
インプラント治療の場合、インプラントを支えとした固定式なので、安定します。
取り外しのわずらわしさや、異物感、食べカスの溜まりやすさから解放されます。

全て歯を失った場合

総入れ歯は歯のない歯肉で吸着して支えます。やわらかい軟組織で咬む力を支えるわけですから、限界があります。総入れ歯は片咬みや前歯だけで噛み切る行為は苦手です。
全ての歯を失うと、咬むことに困るのはもちろん、唇をふっくらと支えるものが減り、頬も落ち込み、若々しい顔貌も失われます。
インプラント治療は少ない本数で総入れ歯が固定され、しっかり咬めて見た目も美しく回復できる治療や完全にご自分では取り外しせずにご自分の歯のように咬める治療法があります。

手術前と手術後の注意点

体の状態

インプラントでは外科的手術を伴いますので、体の状態や持病(糖尿病、高血圧症、心臓疾患、骨粗しょう症など)については必ずお伝え下さい。持病の症状により医科の主治医に手術の是非、相談、意見を求めることがあります。

服用されている薬

日常服用されている薬がある方は、必ず事前にお伝え下さい。
場合によって手術前に服用を控えてもらうことがあります。

手術前後の注
  1. 前日は睡眠を充分にとり、体調を整えておいて下さい。
  2. 当日は麻酔を用いて治療をしますので、お車で運転しての来院はなるべくお控えください。
  3. 女性の方はなるべく化粧は控えてください。
  4. 手術前に抗生物質、痛み止めを飲んでいただきます。
  5. 長髪の方はまとめて下さい。
  6. 義歯・装飾品は、はずして下さい。

インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れ

(1回法で終えられた方は必要ありません。)

インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れ

インプラント治療の長期的に機能させるためには、インプラント周囲組織を良好に保つことが重要です。
そのためには、正しいホームケアと定期的なプロッフェッショナルケアが欠かせません。

  • 医院紹介(スタッフ紹介)
  • 診療時間・アクセス
  • 料金表
  • よくある質問
  • 患者様の体験談
  • 症例(インプラント・矯正)
アクセス

杉田審美歯科専門NAVI

大きな地図で見る
■住所
〒666-0261
兵庫県川辺郡猪名川町松尾台1-2-2(日生中央駅改札前)

お問い合わせ 詳しくはこちら